初心者が知っておくべきゴルフのマナー

紳士のスポーツとして名高いゴルフには知っておくべきマナーが数多くあります。初心者がはじめてコースを回る時に特に注意しなければならないのがスロープレーをしないことです。

初心者の場合、自分のことで頭がいっぱいになりがちで次のプレーにまで気が回らなくなりがちです。



しかし、同伴競技者や後続のパーティーの妨げにならないように意識をして速やかに打ち、速やかに移動することを心がけましょう。またゴルフの基本中の基本のマナーとして、同伴競技者の邪魔にならないようにするというのがあります。


同伴競技者がアドレスに入った時には、全ての動作を中断し音をたてないように静かに見守りましょう。


また当たり前のことですが、飛球線上に立たないようにし、パッティングの際にはなるべく視界に入らないようにするのもマナーです。

他にもコースを大切にするのもマナーです。

ビジネス視点でゴルフクラブのカスタムはクレイジーでの情報をまとめました。

例えば、自分のショットで芝生が削れてしまったような場合は、キャディさんに頼むか、キャディさんがいない場合は自分で削れてしまった場所に土を入れて足裏で軽くならす必要があります。


ゴルフ会員権の役立つ情報をお探しの方にお勧めです。

バンカーから脱出した時には、バンカーレーキと呼ばれる道具で元のように綺麗な状態にならし、使った道具は後続の邪魔にならない場所に立てておくようにします。

今すぐ見つかる大阪ショートコースの情報サイトはこちらです。

またグリーン上ではグリーンを痛めないように注意をして歩くことが大切です。


シューズを引きずったり、走ったりするのは厳禁です。


もしも、ボールマークが出来てしまった時は、きちんとグリーンフォークと呼ばれる専用の道具を使って修復をするようにしましょう。
このようにゴルフには様々なマナーが存在します。

初心者のうちはうっかりしてしまうことがあるかもしれませんが、なるべく意識してマナーを守り楽しくプレーが出来るように気を付けましょう。


スキー場の情報はこちらです。

https://www.youtube.com/watch?v=AZubeNkTlCU
https://www.youtube.com/watch?v=h40W2VPo5RI
http://www.bbaa.or.jp/jigyo/sogo/BtoB.htm